HP TOP
 

ミニチュア・シュナウザーのブリーディングを初めたのが1992年。犬達とのつながりは私が生まれた時から。
そばに犬がいなかったのはほんのわずかの間だけ。
犬とともの成長してきたと言っても過言ではないでしょう。でも それは特別なことでは無いですよね。
わりと多くの方が一緒だと思います。 それほど私達の生活の中に溶け込んでいるのだと思います。

 この子たちがいると私達はとても大きな『癒し』を得る事ができます。
だからこの子達が逝ってしまった時 その反動はとんでもなく大きい。
少しでも長く 少しでも多く接していたいと思う。
そのために私たちにできる事は何か。何度となく分かれを味わう度にこうお思う。
 「もっと何かできたのでは無いか。」
 「本当にこれで良かったのか。」
 「本当に自分は最善を尽くしたのか。」

私は常に自問自答しながらこの二十数年間を過ごしてきた。
そうして私なりに導き出した答えと言うか課題のような物は 適度な『食事』『日光』『運動』
この三つのような気がします。特に『食事』はとても多くの課題を持っています。

 過去において食事では私も失敗しました。かわいそうな事をしたと今でも後悔しています。
その後悔が今の私の弾みになっています。この子達は好むと好まざるにかかわらず、私達が
与える物しか食べる事が出来ないのですから。この子達の健康を握っているのは私達です。

 ドッグフードはとても便利です。しかしその物の酸化や劣化それを防ぐための添加物。
輸入フードでは物理的な時間。出来上がって消費者の手に渡るまでの時間。管理方法。
国産フードに関してはかさ上げのための産業廃棄物のような副産物ベースでできたフード等。
これらのような劣悪なドッグフードを愛犬たちが喜んで食べるように工夫し添加されている指向性を
高めるための動物や魚類のOILなど。
そして無いに等しい安全基準。目を覆いたくなるような現実がまだまだ私達の周りにたくさん
有ります。

 

これは 私の趣味です。 DogShow
みなさんも一緒だと思いますが カッコいい物 綺麗な物 美味しい物 だいすきです。
『カッコいい物 綺麗な物』 これは 私が重要にするのはバランスです。
バランスが良い物は綺麗だしカッコ良いと思います。 まさにショードッグはこれに当てはまると
思います。しかしドッグショーと言う物を批判的にみている方々も多く居る事を知っています。
 私は憧れや自己満足のためだけにショーを楽しんでいるわけではなく、健全な骨格構成や
性格を持ったこの犬達を幅広く一般の飼い主様の家族の一員として向かい入れていただき
たいと心から思います。なぜなら 健全な犬達は生涯健康でそして長生きをしてくれます。
別れの悲しさを味わう機会は少ないに越したことが無いからです。

この様なことから私はこの犬達に対して こうで有りたいと決めました。

   Our Policy

   私は愛犬達の健康と健全性を守るために愛犬に与える食事に付いて
    これからも研究して行きます。


  私は肉体的のも精神的にも健全な犬をブリーディングして行きます。

 健康で 賢く 美しい 犬を維持するために必要な物だけを提供してまいります。
 もちろん愛も入っています。